2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:リアコン の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄リアリズム・コンプレックス 「THE 7 SENSES 3+」 ─7つの感性─

kage

2014/12/10 (Wed)

栄リアリズム・コンプレックス 「THE 7 SENSES3+」─7つの感性─

会期 ── 12月1日(月)~9日(火) 午前10時~午後7時半(最終日は午後4時閉廊)
会場 ── 松坂屋名古屋店 南館6階 美術画廊 名古屋市中区栄3-16-1 ☎052(246)3387〈直通〉

〈出品作家〉
今井喬裕山内大介光元昭弘浅村理江
谷口朋栄樋本博人、小林宏至
キュレーター 丸山 勉

Sakae-ReaCom_03.jpg
Sakae-ReaCom_01.jpg
Sakae-ReaCom_02.jpg

14AC12-リア魂-松坂屋広告-(1)
スポンサーサイト

渋谷リアリズム・コンプレックス 「BOYS AND GIRLS 3+ 」

kage

2014/12/04 (Thu)

渋谷リアリズム・コンプレックス 「BOYS AND GIRLS 3+ 」

会期 ── 11月27日(木)~12月3日(水) 午前10時~午後7時(最終日は午後5時閉廊)
会場 ── 東急百貨店本店 8階 美術画廊 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 ☎03(3477)3111

〈出品作家〉
浅村理江 石田淳一 市川光鶴 今井喬裕 伊藤尚尋 小林宏至 高橋和正
谷口朋栄 中島健太 福田真規 光元昭弘 山内大介 山本大貴
フューチャリング 山本雄三
キュレーター   丸山 勉

1396823_809321545799595_5932956087539592381_o_01.jpg
1401285_809321452466271_3938980464705838656_o_01.jpg
14AC12-リア魂-渋谷東急-(1)

青山REALISM COMPLEX2014

kage

2014/02/14 (Fri)

Realism complex Exhibition in Aoyama

青山REALISM COMPLEX2014

REALISM@イノベーション

2014年3月19日(水)~4月4日(金)
青山 新生堂
11:00~18:00 (最終日~17:00)
一階・地下・中地下会場   /  日曜・祝日休廊

【出品作家】
浅村理江 市川光鶴  加藤裕生 児玉健二 高橋和正
谷口朋栄 中島健太 光元昭弘 山内大介 山本大貴

賛助出品        丸山勉
フューチャリング    山本雄三      (五十音順敬称略)

大判B120-235-6 表面 大判B120-235-6切手面

この展覧会は今日の日本美術における「リアリズム系絵画」を展覧いたします。
2012年6月から始まりましたアートユニットとしての<リア魂>も、3つのユニット総勢40名を越える大所帯となりました。

1stユニットは、写実第3世代を中心とする
「リアリズムとニア・リアリズム」で展開する<赤いリア魂>
2ndユニットは、日本のファインアートの今日
「J-STYLE」を展開する<青いリア魂>
3rdユニットは若手アート系を中心に展開する
スピンオフユニット<ART-JUNGLE>です。

青山REALISM COMPLEX2014 は、丸山勉キュレーションにより<1stユニット赤いリア魂>よりセレクトされたメンバーで構成され、写実絵画の質、内容、幅にこだわり展開 いたします。昨年はドイツベルリンでも秋に<リア魂>の展覧会を開催し、非常に高い評価を頂きました。それを踏まえて、 アート激戦区の青山でコンテンポラリーとファインアートの垣根を越える事が出来るのか。テクノリアリズムとも呼べる細密至上主義の状況に写実第3世代が、如何に向き合いイノベーションを果たすのか。ニア・リアリズムの作品は、存在感を示せるのか。どれも、エキサイティングで重要なテーマです。

メンバー一同、美の神に愛されるべく、全てを捧げつくす制作姿勢から生まれた作品は、必見です。

これを機に是非ご高覧の程賜りたく存じますので、よろしくお願い申しあげます。

                                                              丸山 勉拝

rie.jpg


itikawa_20140214032236dee.jpg


katou.jpg


kodama_2014021403224161b.jpg


takahasi.jpg


taniguti_20140214032546828.jpg


kenta_20140214032239211.jpg


mitumoto_20140214032456d76.jpg


yamauti.jpg


yamamoto.jpg


<賛助出品>

maru.jpg

<フューチャリング>

yuuzou.jpg

新生堂 リアリズムコンプレックス in青山 (仮称)

kage

2014/01/01 (Wed)

2014青山で新たな「リア魂」始動します。

aoyama2014.jpg



白日会展と同じ時期ですので、是非ご高覧の程よろしくお願い申し上げます。

hakujitu95.jpg

渋谷リアリズム・コンプレックス 2013 「BOYS AND GIRLS 2 +」

kage

2013/11/22 (Fri)

渋谷リアリズム・コンプレックス 2013 「BOYS AND GIRLS 2 +」
が始まった。


2013リア魂は、京都アートフェアのプレに始まり、大阪瀧川画廊、名古屋松坂屋、ドイツベルリン、そして渋谷へと怒涛の展開を見せた1年であった。しかも、作品は巡回せずオール新作で臨むという無謀とも思える試みは若者達の志しと作品に向かう姿勢の厳しさを見る者に十分感じさせる。完成度を高らかに謳い上げる集団もあるが、リア魂の価値観はそれとは異なる。芸術とは、ある意味思索そのもの。完成形に向けてチャレンジする無限の追及。ゆえに商品でなく作品。寡作なメンバーが多い中、ボリュームあるグループ展覧会はリア魂だけです。


会期:2013年11月21日(木)〜11月27日(水)

会場:東急百貨店渋谷本店 8F 美術画廊

1450229_10201884045776146_324155276_n.jpg

初日は、多数のメンバーが会場入りした。写真の他に山本大貴、浅村理江、高橋和正。

1394379_10201883999214982_1369606432_n.jpg

会場入り口 さすが渋谷スタイリッシュです。

1469946_10201884017535440_1165042207_n.jpg

会場の通路側ウインドウ クールな外観はリア魂とも相性バッチリ!

1477370_10201884042256058_78297366_n.jpg

会場風景 山内大介、市川光鶴(推しメンナンバー1)他

1456792_10201884038975976_385122247_n.jpg

会場風景 今井喬裕、浅村理江

1424505_10201884039575991_1265314059_n.jpg

会場風景 浅村理江

1465357_10201884040016002_1682923332_n.jpg

会場風景 今回フューチャリングの山本雄三、光元昭弘

1441517_10201884041056028_2049407122_n.jpg

会場風景 今回大人気の山本大貴、今年大ブレイクの小森隼人

1470015_10201884037495939_484660125_n.jpg

会場風景 アート系から谷口朋栄、高輪会で大評判だった中島健太

988779_10201884019415487_871566315_n.jpg

会場風景 光元昭弘、賛助出品のキュレーター丸山勉、奥には高橋和正

1464709_10201884036575916_569940510_n.jpg

会場風景 福田真規、石田淳一

67071_10201884042816072_819060839_n.jpg

会期途中で作品の架け替えがあるので、また雰囲気が違う会場になります。


初日、午前組が会場前のイタリアンでランチ

1235274_10201884044056103_1537472659_n.jpg

パスタを注文。

1455137_10201884044536115_1406051132_n.jpg

みんな結構楽しそう。

曜日や時間によってどの出品者が会場にいるかわかりませんが、作品に会いに是非お出かけください。


REALISM COMPLEX in Berlin

kage

2013/09/06 (Fri)

doituhp.jpg

REALISM COMPLEX in Berlin
06.09 - 05.10.2013


Gruppenausstellung von Rie Asamura, Mitsuru Ichikawa, Nana Copen, Tsutomu Maruyama, Akihiro Mitsumoto, Tomoe Taniguchi, Daisuke Yamauchi, Yuzo Yamamoto

Shinseido TokyoBerlinArtBox lädt Sie zur Themenausstellung "REALISM COMPLEX in Berlin" ein. Wir möchten Ihnen den „japanischen Realismus" in seiner Vielfältigkeit und Originalität zeigen und haben dafür sowohl junge als auch etablierte Künstler ausgewählt. Das Ausstellungskonzept „REALISM Complex“ läuft erfolgreich in Japan und wird in unserer Galerie zum ersten Mal in Berlin vorgestellt.

Vernissage: 06.09.2013 (Fr) 16-20Uhr
Ausstellung: bis 05.10.2013, Fr 12-20Uhr, Sa 12-18Uhr

大阪リアリズムコンプレックス

kage

2013/06/22 (Sat)

終了しました。応援ありがとうございました。

OSAKA REALISM COMPLEX 2013
「ガフの扉は開かれるか2」

会期 6月10日~6月22日
会場 瀧川画廊

1306chumoku_p172-2.jpg

新しいメンバーも加わり2回目を迎える「大阪リアコン」。


現代絵画では、社会現象、サブカルチャー、個人の体験や記憶を
共感というファクターで結晶化し、ある種のリアリズムとして表現する。
対してニア・リアリズムは色彩で表現する、もう一つのリアリズム。

リアリズム・コンプレックスとは、まさに時代の感性とコンセプトで
写実にアプローチする多様性の試みです。

この機会に是非ご高覧の程、よろしくお願い申し上げます。 

キュレーター丸山 勉


出品作家(順不同)

児玉健二 -色彩空間のコンシェルジュ-
中島健太 -リアリズムの若きカリスマ-
山内大介 -進撃のパンク・リアリズム-
浅村理江 -聖なる絶対領域-
光元昭弘 -リアリズムの貴公子-
加藤裕生 -孤高のフェティシズム-
三村 稔 -写実とファッションの一人コラボレーション-
谷口朋栄 -たおやかなリリシズム-
樋本博人 -寡黙な求道者-

賛助出品  丸山勉

会期 6月10日~6月22日
会場 瀧川画廊
    〒530-0047 
    大阪市北区西天満4-5-7 三旺ビル2F
    TEL 06-6365-6578
    FAX 06-6365-6587


takikgawa-map450w[1]

ドイツリア魂搬入始まる

kage

2013/06/22 (Sat)

この秋にドイツベルリンで開催予定のリア魂の作品が、

青山新生堂に続々搬入され始めた。




新星堂TokyoBerlinArtboxが、リア魂初の海外進出のステージ。

「池袋 リアリズム コンプレックス・カルナバル」の新メンバーによる
青いリア魂も含めて、リア魂はいつも急展開です。

ドイツの会場は、相当カッコいいとメンバーもワクワクです。

doitu.jpg

ドイツ参加メンバーは、

○丸山 勉 白日会 
○山内大介 白日会
○光元 昭弘 白日会
○浅村りえ 白日会
○山本雄三 独立
○市川光鶴 独立
○谷口 朋栄 無所属

に加え、青いリア魂から飛び入り参加の

こぺんなな 無所属です。

搬入まだのみなさん急いでください!船が出てしまいますぅ!
icon_3.gif

ライバル<青いリア魂>登場! リア魂TYPE-BLUE

kage

2013/06/18 (Tue)

突如、発表された衝撃情報!

青いリア魂
2013年暮れ以降、年明けくらいの時期に池袋から始まる。

東武百貨店を舞台に、<リア魂>とはまったく別のメンバー・コンセプトでの新リア魂。


リア魂TYPE-BLUE(使徒とかではないです…)

東京のアートシーンは、Wリアコンで盛り上がり必至です!!


無題



2013年、ドイツベルリンでの海外進出に「青いリア魂」より、「こぺんなな」も急遽参加決定。
キュレーターが若い女性に弱い?というわけではありません。

1013418_144810819044197_2112249754_n.jpg

間口は広く、来るもの拒まず、去る者追わず、がキュレーターのモットーですので、問題ナシです。
icon_3.gif

浅村理江、名古屋より来廊

kage

2013/06/16 (Sun)



昨年に続き2度目の大阪リアコンの参加。


谷口朋栄が「動」ならば浅村理江は、「静」。

対照的な2人だが共に内面世界に根ざした表現の作家だ。

寡作な写実表現の作家のなかでは、精力的な発表活動をする。


やはり、谷口と共に恐るべき20代だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。