2014 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2014 03

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青山REALISM COMPLEX2014

kage

2014/02/14 (Fri)

Realism complex Exhibition in Aoyama

青山REALISM COMPLEX2014

REALISM@イノベーション

2014年3月19日(水)~4月4日(金)
青山 新生堂
11:00~18:00 (最終日~17:00)
一階・地下・中地下会場   /  日曜・祝日休廊

【出品作家】
浅村理江 市川光鶴  加藤裕生 児玉健二 高橋和正
谷口朋栄 中島健太 光元昭弘 山内大介 山本大貴

賛助出品        丸山勉
フューチャリング    山本雄三      (五十音順敬称略)

大判B120-235-6 表面 大判B120-235-6切手面

この展覧会は今日の日本美術における「リアリズム系絵画」を展覧いたします。
2012年6月から始まりましたアートユニットとしての<リア魂>も、3つのユニット総勢40名を越える大所帯となりました。

1stユニットは、写実第3世代を中心とする
「リアリズムとニア・リアリズム」で展開する<赤いリア魂>
2ndユニットは、日本のファインアートの今日
「J-STYLE」を展開する<青いリア魂>
3rdユニットは若手アート系を中心に展開する
スピンオフユニット<ART-JUNGLE>です。

青山REALISM COMPLEX2014 は、丸山勉キュレーションにより<1stユニット赤いリア魂>よりセレクトされたメンバーで構成され、写実絵画の質、内容、幅にこだわり展開 いたします。昨年はドイツベルリンでも秋に<リア魂>の展覧会を開催し、非常に高い評価を頂きました。それを踏まえて、 アート激戦区の青山でコンテンポラリーとファインアートの垣根を越える事が出来るのか。テクノリアリズムとも呼べる細密至上主義の状況に写実第3世代が、如何に向き合いイノベーションを果たすのか。ニア・リアリズムの作品は、存在感を示せるのか。どれも、エキサイティングで重要なテーマです。

メンバー一同、美の神に愛されるべく、全てを捧げつくす制作姿勢から生まれた作品は、必見です。

これを機に是非ご高覧の程賜りたく存じますので、よろしくお願い申しあげます。

                                                              丸山 勉拝

rie.jpg


itikawa_20140214032236dee.jpg


katou.jpg


kodama_2014021403224161b.jpg


takahasi.jpg


taniguti_20140214032546828.jpg


kenta_20140214032239211.jpg


mitumoto_20140214032456d76.jpg


yamauti.jpg


yamamoto.jpg


<賛助出品>

maru.jpg

<フューチャリング>

yuuzou.jpg

スポンサーサイト

1月月刊推しメン結果発表

kage

2014/02/01 (Sat)

1月の神7決定しました。
おめでとうございます。

1位<神推し>....山内大介
2位<鬼推し>....市川光鶴
3位<激推し>....中島健太

4位<獅子推し>...今井喬裕  
5位<虎推し>....山本雄三 
6位<ウルフ推し>..山本大貴
7位<イーグル推し>丸山勉

reacom_recom2014_01.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。